ウチの本棚から:穂積「式の前日」

 

『あ―・・・

 ・・・・・・・・・・・・

 ・・・・・・だって

 ・・・泣いてんじゃん?

 泣くとブスになるよ 明日』

『・・・うっさい バカ』

 

(flowers増刊 凛花 2010年11月号増刊 他に掲載)

ウチの本棚から:吉田秋生「櫻の園」

 

『今から 10年あと―

 きっと あたしも 思い出す 今夜のこと

 その時 シンちゃんが

 そばにいても いなくても・・・』

 

(LaLa(ララ) 1985年5月号、10月号、1986年2月号、7月号に掲載)

ウチの本棚から:清水みかん「樹にも草にも・・・」

 

清水みかん先生のコミックスは、おそらくこの一冊だけ。

もっとたくさん描いてほしかったです・・・。

 

(『樹にも草にも・・・』りぼんオリジナル 昭和63年春の号、

 『最初の春休み』りぼん 昭和62年1月号、

 『それからの景色たち』りぼん 昭和62年9月号、

 『秋よりしずかに』りぼんオリジナル 昭和62年冬の号に掲載)

ウチの本棚から:清家雪子「まじめな時間」

 

『お母さんが あんなに私を 好きってことも

 お父さんが あんなに優しい ってことも

 死んでから わかったって

 どうにもなんない じゃんね』

 

(アフタヌーン 2012年2月号から同10月号に掲載)

ウチの本棚から:水谷フーカ「14歳の恋」

 

10巻が待ち遠しい!

 

(「楽園」第3号(2010年6月)から連載中)

今週の収穫

今週は単行本が新刊1冊、雑誌が1冊増えました。

1981年の週刊少女コミックで歯抜けになっていたところが埋まって、1年分24冊が完本で揃いました ヽ( ´¬`)ノ

ウチの本棚から:篠有紀子「アルトの声の少女」

 

『ああ人間て 忘れてしまうんだね

 忘れてしまうんだね

 好きだったもの 愛したもの 見つめたもの すべて

 いつかは 消えちゃうんだね』

 

(LaLa(ララ)1979年11月号から1980年12月号に連載)

私設図書館、という夢

私たちの部屋には、週刊少女コミックをはじめ、別冊少女コミック、ちゃお、LaLa、中一・中二コースなどなど、亮子センセ作品の掲載誌がほぼ揃っています。

そしていつか、「当時の掲載誌で楽しんでいただける私設図書館」が開けたらな…と思っています。

 

みなさまの中で、そんな図書館に「行ってみたい」と思って下さる方はいらっしゃいますか…?

散歩中に見つけたもの

近所の駐車場にあった車止めです。

 

 

でも、よく見てみると・・・

 

 

これ顔ですよね!

カワイイ?

それともコワイ?

祝!初投稿

こんにちは。本家サイトの管理をお手伝いしている、"副"管理人です。

この度、「私も何かコメントしたい!」ということで、ブログを始めることにしました。

 

「ツイッターやインスタ全盛の今ブログ?」というご意見もあるかと思いますが、私のトロい頭では、多すぎる情報量と流れの速さについていけません。(涙)

 

時々、ボチボチと更新できればと思っています。

本家『高橋亮子センセのマンガでキュンとなったら・・・』ともども、どうぞよろしくお願いいたします。