ウチの本棚から:清水みかん「樹にも草にも・・・」

 

清水みかん先生のコミックスは、おそらくこの一冊だけ。

もっとたくさん描いてほしかったです・・・。

 

(『樹にも草にも・・・』りぼんオリジナル 昭和63年春の号、

 『最初の春休み』りぼん 昭和62年1月号、

 『それからの景色たち』りぼん 昭和62年9月号、

 『秋よりしずかに』りぼんオリジナル 昭和62年冬の号に掲載)

ウチの本棚から:清家雪子「まじめな時間」

 

『お母さんが あんなに私を 好きってことも

 お父さんが あんなに優しい ってことも

 死んでから わかったって

 どうにもなんない じゃんね』

 

(アフタヌーン 2012年2月号から同10月号に掲載)

ウチの本棚から:水谷フーカ「14歳の恋」

 

10巻が待ち遠しい!

 

(「楽園」第3号(2010年6月)から連載中)

ウチの本棚から:篠有紀子「アルトの声の少女」

 

『ああ人間て 忘れてしまうんだね

 忘れてしまうんだね

 好きだったもの 愛したもの 見つめたもの すべて

 いつかは 消えちゃうんだね』

 

(LaLa(ララ)1979年11月号から1980年12月号に連載)