ウチの本棚から:茜田千「さらば、佳き日」

 

茜田千(あかねだ ゆき)先生の作品です。

以前「春とみどり」をご紹介した時に、背表紙でピンときたお話を書きましたが、この本もまさに「それ」でした。

 

タイトルの「さらば、佳き日」。

帯の『僕の妻は 妹でした』。

 

でも誤解のないように、帯のコメントを引用しておきます。

 

『これは『禁断のラブストーリー』ではない。

 兄に生まれた男と、妹に生まれた女の、

 心を灼くような恋のはなし。』 ―です。

 

繰り返しますが、これは『禁断のラブストーリー』ではありません。

 

薄氷を履むような危うさのなかで、それをかいくぐる様に紡がれる二人の心。

これを読むと、いろんな意味でドキドキしてしまうのです。

 

二人には幸せになってほしい…のですが、今のところ、タイトルの「さらば、」が本当に意味するところはわかっていません。

6巻が待ち遠しいです。

 

(COMIC it 2015年vol.1から連載中)

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL